家計味方

家計が苦しい場合でも頼もしい味方

家計が苦しい場合でもク消費者金融は頼もしい味方ですね。

プロミスで増額してもらったので助かっています。

イザというときに助かるのが消費者金融で、少しだけ融資して欲しいときはとても便利です。

けれども法律が改正されて総量規制が設定されて年収の3分の1までしかお金を借りることができなくなりましたが、まあ現実的ではなく2分の1ぐらいが妥当な線だと思います。

そんな生きた消費者の声があっても消費者金融は金融庁が厳しく監視しているので動けないです。

全ての消費者金融は銀行の傘下にはいったので、金融庁もコントロールしやすいのです。

審査はとても厳しくなりましたし、お金を借りにくくなっているのは事実です。

実質の年利が低下しましたから利幅は薄くなったこともあるでしょうが、全体数が減っているようです。

年収の3分の1までしか融資してもらえないですから、限界はみえています。

余り厳しい条件になると生活保護申請をするような人達もでてきますので国としてはマズイでしょう。

生活保護世帯が増えるとますます社会保障費がかさみます。

それよりもお金を流通させて経済を活性化して方がいいでしょう。

中小企業の社長さんも短期借入をしてニーズも拡大するはずです。